当事者意識と、
知的好奇心を軸に走り続ける。