2021卒の採用活動について

こんにちは!
クラウドソリューション事業部の採用担当の森川です。
本日は、2021卒の採用活動についてお話しようと思います。

活動開始したのは去年12月頃。今回は初めて、新卒就活のダイレクトリクルーティングサービス「キミスカ」を利用させていただいています。これは、学生さんの基本的な情報や自己PR、希望職種・業界以外にも、適性検査結果を見ることができるのが採用側としてポイントです。性格・意欲・思考力・価値観・ネガティブ傾向やストレス耐性・職務適性・戦闘力が数値となって明確に分かるんです。
(学生さんも自身で見ることができるので、自己分析にも役立つかと思います!)

私が新卒採用を担当している募集職種は
・インフラエンジニア
・ソリューション営業
・デジタルマーケティング
の3職種(いずれも三田オフィス勤務)です。

なので、まずはこのどれかを希望職種に挙げている学生さんを検索してから、クララオンラインに合った(合っていそうな)方を探してスカウトメッセージを送っています。そして、学生さんもクララオンラインに興味を持ってくれればエントリー完了。メッセージのやり取りが始まるという仕組みです。

ここでいう、弊社に合っていそうだと判断する性質について一部挙げさせていただくと
・積極性がある(受け身でない)
・主体性がある(自分で考え自分から動ける)
・協調性がある(チームで物事を進めることができる)
などがあります。

ひとまず最初はWEB上のデータを参考にさせてもらうのですが、その後は一対一での「会社説明&カジュアル面談」や、その次の「一次面接」でしっかりと判断させてもらっています。

ではここで、私が学生さんと一対一で行なっている「会社説明&カジュアル面談」について簡単にご紹介いたします!

コロナの影響で在宅勤務になってからは、全てオンラインで行なっています。(コロナ以前も、三田オフィスまで来れない方についてはオンラインでやっていました。)最近ではオンラインでの面談・面接を何社も経験した学生さんが多いため、皆さん慣れてきているようで緊張せずに(緊張を出さずに?)臨んで下さっています。

これまで120名以上の学生さんと一対一で「会社説明&カジュアル面談」を実施してきましたが、私が気をつけていたことがあります。それは「オンラインだから対面より伝わりにくい」を「オンラインだからこそ便利だし伝わりやすい」と思ってもらえるようにすることです。そのために、他社よりも時間をかけて詳しく説明をしたり(お一人あたり60〜90分程)、表情や声のトーンに抑揚をつけ身振り手振りをしたり、また希望のある学生さんには画面共有している資料をスクショしてもらったりしています。

業務内容や事業内容、チーム体制、求める人物像や社風、福利厚生などを詳細に説明して理解を深めてもらいつつ、学生さんの希望とマッチしているかどうかも確認するようにしています。

一般的によく言われていることですが、就活・採用で一番良くないことはアンマッチです。なので、「希望と合っていそうですか?」「興味は持っていただけましたか?」と直球で聞くこともあります。笑

このように、私は学生さんとの一対一の会話を大切にしています。場合によっては、就活アドバイザーのようにアドバイスをしたり相談に乗ったりもしています。それは、ちょっとの困りごとでも私が解決できるのならば助けてあげたい!と思うからなのかもしれません。もしそれが学生さんの力になれていたらとても嬉しいことですし、クララオンラインへの信頼や興味にも繋がってくれていたら、採用担当としては更に嬉しく思います。

コロナの影響で不安感が大きい学生さんは多いと思います。選考が後ろ倒しになっている、採用人数の枠が減っている、内定取り消しされるかもしれない…そういった不安や悩み事は、エントリーしている会社の人事や面接官の人達に素直に相談してみてください。寄り添って話を聞いて、しっかりと不安を解消してくれると思います。

大変な状況が続きますが、就活生のみなさんは無理をせず、休息も取りながら引き続きがんばりましょう!