コロナ禍での採用活動について

こんにちは
クラウドソリューション事業部の採用担当の村本です。

コロナ禍で急増した「リモートワーク」ですが、クララオンラインでもリモートワーク主体の仕事スタイルになっています。
この急激な変化の中で、採用面接もオンラインにて行っていますが、リモートワークという働き方の中で、どんなことをイメージしておくと良いのかを考えてみましょう。

就活状況調査状況

株式会社ディスコ様による7月1日時点の調査は以下となっています。
(調査期間:2020年7月1日~5日、回答数:1,230人)
①内定状況
内定率は77.7%。前年同期実績(84.0%)を6.3ポイント下回る
②動画選考、WEB面接の受験状況
「WEB面接」が19.7%→78.5%へと劇的に伸びる。
「WEB面接」に肯定的な学生は8割超(84.5%)。前年(59.7%)より増加
③就職活動継続学生の動向
内定の見通しが立っているのは未内定者の1割未満(9.1%)にとどまる
④就職決定企業の属性
文系は「情報処理・ソフトウエア」がポイント倍増で1位に。
理系は「電子・電機」「情報処理・ソフトウエア」の順。
⑤内定取り消しに対する不安
就職先決定者の4人に1人(23.7%)が「内定取り消し不安」

コロナ禍の影響で選考方法の大きな変化、内定後の不安が増している状況かと思います。

リモートワークの課題

コロナ禍でリモートワーク中心の企業が多くなってきてますが、企業ではどのような課題は、以下内容があげられると思います。
・コミュニケーションが不足しやすい
・誰がどのような仕事に携わっているのか分かりにくい
・上記に関連しますが、各従業員の成果状況が不明確になりがち
今後は、上記課題と同時に、リモートワークは「必要な時に必要な環境の中で効率的に仕事をする」という仕組み作りを進められていくと思います。

社会の変化から就活の変化

その中で、採用プロセスや採用基準も変わっていくのではないでしょうか。
今までは対面での面談や面接がオンラインに変わってきてますね。
企業側視点でのオンライン面接の難しさ等はネット検索すると色々出てきますが、学生側からしてもその企業や面接官とのやり取りでかなり難しい状況かと思います。
学生側が気にする一つとして、どんな人、どんな雰囲気で働くのかという、会社との相性を気にされる方も多いと思います。

オンライン面接で気になる事

面接がオンラインになった事で、企業側視点、学生側視点で共通する「面接で想定しておくべきこと」を何点かお話します。
内定が取れた学生さんも振返ってみるのも良いでしょう。
1.面接を行う場所
オンライン業務ではコミュニケーションが重要になってきます。
面接する場所も仕事する環境をイメージするので、散らかっている部屋や、他の人が出入りする環境だとコミュニケーションを取る前に、気になる点が多くなってしまいます。
オンラインは顔だけでなく、画面に映る周りも見れてしまうので、気にするようにしましょう。
既に主流ですが、背景画像を設定するのも良いかと思います。(選択する背景に悩むと思いますが)
2.誠実な対応
自宅からのオンライン面接は会社訪問と比べ緊張感がゆるみがちです。また、面接官は学生の内面を見ようとざっくばらんな会話をしたりします。その時に会話や表情が友達との会話のようになってしまう事もあります。それがプラスになるとは限らないので、面接のスタートから終了まで、意識した対応をしましょう。
3.落ち着いた対応
オンライン面談であるのが、ネットワークトラブルで会話や画像が途切れたりすることがあります。
特に面接官からの質問が聞き取れず、想像で答えようとしたりすることもあるかもしれません。
そういう場合でも、落ち着いて通信状態が悪い旨を伝え、再度質問をしてもらうなど、落ち着いた対応ができるよう想定してみるのが良いと思います。

入社後の働き方を想定すると

内定後、入社前にリモートワークで想定しておくと良いと思われることは、
1.自己管理能力
仕事とプライベートを切り分ける能力ですが、人間は環境に流されやすいので、仕事モードとプライベートモードのオンとオフをしっかり使い分けることは、入社前から意識してみましょう。
2.積極的な姿勢
自身だけでなく、周りも働いている状況が見えない中だと、個人や組織の課題が分かりにくくなりがちです。
先輩や上司とのコミュニケーションの中で、効率的に仕事をするにはどうすれば良いか、またそれを積極的にアウトプットしていく事が重要になってきます。
3.コミュニケーション力
対面で会話してると空気から相手が分かる事もありますが、slackなどメッセンジャーを使うと伝えたい事が不足していたり、冷たい態度に見えてしまう事があります。伝えたい事を文章にするのは難しいことですが相手の立場を考えた整理された文章でのコミュニケーション力は養っておくと良いでしょう。

日々変化する中での就活になりますが、小さな工夫次第で自己発見だけでなく、面白い仕事を見つける事もあるので、明るくポジティブマインドをセットしていきましょう。